週間占いぽつぽつ再開しています。
まだまだ試行錯誤。
コメント参考になります。

★石乃音ニウス★
電話番号かわりました!
080-3417-1746
(044-271-7430は繋がりますが現在でられません)
現在、メール・電話鑑定のみお受けしています。





<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
143段の向こう側
▶7/12から19日の運勢UPしました
 
北鎌倉
円覚寺の仏殿の右手

143段の階段を昇ると
国宝【洪鐘-かねがね-】があります。




143段
…結構きついです。
ぜーぜーはーはーッス、はい。



頑張って昇ると
この鐘と
ところてんを食べられるお茶屋さんがあります。


円覚寺
わたしの好きなお寺のひとつです。

本日昨日書いた記事を訂正しました。
白幡神社の蓮ではなく、旗上神社です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 
睡蓮の海
 今日も鎌倉にぷち出張。


鶴岡八幡宮
睡蓮の、海、海です。

入り口の源平池では白い睡蓮の花。
旗上神社あたりでは桃色と白の花弁。

(白幡神社は本宮を背中に右手のお社です。
 失礼しました。7/13日訂正)

昔は源氏池には白い蓮
平家池には赤い蓮だったようです。
(7/13日追記)


由比ケ浜の海風がここまで
通るのか

トトロの葉っぱみたいな
大きな睡蓮の葉が
風にそよめく海です。





そうそう
御成道りのあるお店の軒先。

つばめが巣を作っていて
頭ふさふさ
おくちはへの字のベビィたちを見ました。

かっわいい!!


すずめも砂遊びしていたり
鳥を呼ぶ人と一緒にいたせいなのか
鳥に囲まれていた鎌倉の午後でした





にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ 
雨乃音、石乃音〜北鎌倉。
昨日のアオゾラが嘘みたいな
肌寒い今日。

昨日の北鎌倉日記の続きです。

http://blog.ishinone.jp/?day=20091118

ああ、静かだなと思って
歩いていました。



普段わたしはとてもよくしゃべりますが
ここにくると
言葉の数が少なくなります。

あいにくの雨乃中での散策。
常に傘を濡らし
寺院の軒先
樹々の先端から落ちる雫。

ふだん
暮らしている中で
雨乃音が美しい
思う機会はほとんどない
感性のないわたしなのですが

すそを叩く雨脚さえも
うっとおしいとすら思わないのです。
(普段は雨だとお外にでたくありませんピピピ



北鎌倉にある円覚寺。
斜面をのぼって
塔頭でもある彿日庵

改めて
雨の落ちる姿
雨の音に心がしんしとしました。
かやぶきの屋根から
一粒ずつ落ちる透明の粒に

美しいものだっただと気づきます。

雨に濡れた石畳は
乾いている普段とは違う表情を見せてくれます。
濡れた石灯籠から滴る雫は
音もなく地面に吸い込まれ…
心も潤してくれるよう。

雨に濡れる事で
より深紅の実の色は鮮やかに
樹々の色合いも
ビビッドにも感じられて。





石はとても水が好き
日頃からラ・ストーンセラピー
セレモニーでも感じていた事ですが

水に出会った石は
まるで違った表情をみせてくれます。

もちろんその佇まいだけでも美しい
北鎌倉の寺院。

雨でしっとりした姿は
また装いも違って新鮮でした。

石乃音
このサイトの由来も石。
ひとつでは音がしませんが
ふたつを手に持ち叩けば音、声がします。

石という無機物に
耳を澄まそう
そんな思いもこめています。

ひとつだけではなく
なにかが何かと出会う時

また新しい姿や印象が
みつかるのかもしれないですね。

雨の音
雨の匂いと連れてくる色彩
雨ならではの風景や印象
楽しむことができました。

時折
こんな時間を持ちたいものだなと願いつつ


石乃音

追記〜
江の電に乗って江ノ島まで足をのばしました。
江ノ島神社にも参拝はできずでしたが
江の電の改札を出ると
すずめのモニュメントに手編みのおべべが
着せられていました。

とても素敵でほのぼのでした。



ブログ内カテゴリー
+++鎌倉・北鎌倉散策日記+++
http://blog.ishinone.jp/?cid=44796

ランキング参加しています♪よろしければクリック♪♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へにほんブログ村



雨乃音、北鎌倉で。
毎月というわけではなく
思いだしたように通い始めた北鎌倉。
もう10年が経とうとしています。

占い師をはじめる前から足を運んでいますが、
いまだにすべてのお寺には詣でてはいません。
歴史とともに今もなお流れる時間。
切り取られたような空間がとても好きで
時々訪れています。

わたしは、
特に宗派や対象を持ってませんし、
石乃音を含み、宗教との関わりは一切ありません。

それでも、神社仏閣は心がしんと静まります。
例えば、お米の一粒ずつに神様が宿ると考えたり
道具や石、樹々。さまざまなもの。
命が宿ると考える日本古来の考え方は
とても愛しいと思うのです。

きのう
雨乃日、北鎌倉で。

---

ひさしぶりの鎌倉日記。

鎌倉の夜はとても早く、濃くもあります。
冬期は16時までの参詣が多く、しとしと雨のなか
足取りもつい早くなります。

鎌倉から辿るコースと
北鎌倉から辿ってみるコースがだいたい。

まずは、鎌倉駅。
鶴岡八幡宮です。
八の文字が、鳩を象っています。
お守りも白い鶴がかわいいものや
守り刀という小さな刀のお守りも充実。
舞殿も奇麗になって、節分の折りはこちらから
お豆などをまいてくださいます。



八幡宮でお参りを済ませてから北鎌倉へ歩きます。
建長寺の手前、
鎌倉方面から下ると左手側の高台にあるのが円応寺。
閻魔大王、十王を祀っています。
ここの閻魔大王は運慶の作。
閻魔は、罰を与える代償として日に三度
体に責め苦を受けるのだそうです。

昔の死生観がかいまみれる気がします。
仏像も間近で見れるので、とても好きな名所のひとつ。
冬期の拝観は3時30までとのことでした。

続いて建長寺。
時間がないので天狗像がある半僧坊は回らずに。

平日、雨ということもあってとても静かな空間。
ふいに弦の音が静かに流れるので辿ってみると
何かの撮影なのか、スタッフさんに囲まれ
堂内でヴァイオリンを 弾いている異国の方。

弦楽器の音色が、古刹に吸い込まれていくようでした。



続いてあじさいで有名な明月院。

シーズンはとても賑やか、大混雑の名所です。
(あじさいは東慶寺も素敵です)
季節外れのあじさいがたった一輪。
まるで待ってくれていたみたい。

ここは庭園も美しいのです。



最後にひさしぶりの円覚寺
北鎌倉のなかで最も好きな場所。
晴れていたら
覚園寺から北鎌倉ルートも 考えていたのですが、
やはりここに来てしまいました。



ここでは、仏日庵という北条時宗の廟所でお抹茶を。
鳩を象ったお菓子は和三盆でしょうか。
くちに含むとさっと溶けていきます。



紫式部が雨に濡れて美しい。
人気はなく
あるのはただ雨の音。
樹々の音、時折鳥の声。





鎌倉の紅葉は遅く、12月頃が見頃なのだそうです。
残念な雨ではありましたが
雨ならではの発見もありました。

続きはまたあした。。。。

いつも感謝をこめて
石乃音

ブログ内カテゴリー
+++鎌倉・北鎌倉散策日記+++
http://blog.ishinone.jp/?cid=44796

ランキング参加しています♪よろしければクリック♪♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へにほんブログ村
☆鎌倉紀行2☆
先日書いた、鎌倉・杉本観音の続きです。

☆ランキング参加中・ポチッ♪☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ

画像はこちらの鐘楼
山門を過ぎた階段
そして休憩所



山門を過ぎた階段は、無事理に苔むしていて
白い旗とのコントラストが美しい。

残念ながらこの階段は今は使用されておらず
やや迂回するかたちで別の階段で本堂へと
向かいます。



鐘楼は、今は使用されていないのか、触らな
いでくださいとの札。

ここは高台にあるのですが、昔はこの場所か
らこの音が時刻を知らせていたのでしょうか。

十一面観音と旗にはありますが、この観音像
もガラス越しではなく、間近で参拝すること
ができます。

様々な仏像や、お地蔵様もあり、賑やかな
印象で、禅寺などとの空気とはまた赴きも
違ってほっとします。



休憩する場所も、なんだか素朴。
肩の力もすぅっと抜けていくようです。

ここに初めて一緒に参拝した友人がいます。
彼女の作るサルサソースはとても絶品。
飲み干したくなるサルサです。

いろいろを思い出しながら、また行きたい
なぁ、思いつつ…

そうそう、
ぼけ封じ、足腰のお守り、子宝などのお守り
も売られています。

おすすめは杉本寺てぬぐい400円♪
☆鎌倉紀行1☆
先日行った鎌倉。

☆ランキング参加中・ポチッ♪☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ


少しずつ、鎌倉巡りをアップしていきたいと思います。
今回巡ったのは、鎌倉八幡宮、報国寺、浄妙寺、
鎌倉宮、覚園寺(参拝はできず)、杉本観音でした。

どこも鎌倉駅から徒歩圏内です。
少し歩くけれど、いい運動。
レンタルサイクルもあるのですが、山沿いは起伏
もあり、だいたい徒歩で移動しています。
(鎌倉は歩きやすい靴がおすすめです)

画像は杉本観音。
鎌倉最古の仏像があり、運慶作の仏像などを至近距離で
見せてくれます。



最古の観音像は、さすがにガラス張りの向こうなのですが
間近で見れる他の仏像には、ちょっと感動してしまいます。
(本堂では画像は撮れません)

ここは仏像好きな人を案内すると、喜ばれるスポットで、
今回も案内した友人は、仏像にじぃぃぃ見入っていました。

便利な器具がなかっただろう時代に、力強い作品。






実は特定の宗派も、神様も信仰していない私。
と、書くと罰あたりなのですが…
仏像やお寺、神社を巡るのは好きなのです。

こちらの画像は山門をくぐってすぐ対で置かれています。
今の時期は紫陽花シーズンで、北鎌倉駅の明月院などが有名。
混む時期なので、鎌倉方面をチョイスしてみました。

鎌倉
十代の頃から不思議と縁があり、占い師になる前から
お散歩がてら通っている場所です。

いまだに行けていない神社仏閣もまだまだ。
少しずつアップしていきたいと思います。